イビサクリームvsホワイトラグジュアリー

イビサクリームvsホワイトラグジュアリー選ぶならどっち!?

イビサクリーム,ホワイトラグジュアリー

 

気になる陰部や乳首はたまた脇の黒ずみをキレイにしたいと思った時、検討すると思われるのがイビサクリームかホワイトラグジュアリーかもしれませんね。

 

どちらも美白クリームとしては人気なアイテムですがこの二つ大きな違いはどこにあるのでしょうか?

 

比較対決してみることにしました。

 

 

 

イビサクリーム

イビサクリーム,ホワイトラグジュアリー

 

主成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

保湿成分:ヒアルロン酸、など8種

 

全成分:トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム ヒアルロン酸ナトリウム(2)
 シロキクラゲ多糖体 ローズ水 乳酸ナトリウム液 オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール サクラ葉抽出液 カモミラエキス(1) ダイズエキス メチルフェニルポリシロキサン 1,3−ブチレングリコール  ポリアクリル酸アミド 1,2−ペンタンジオール 軽質流動イソパラフィン グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル グリセリン脂肪酸エステル グリセリン 1,2−ヘキサンジオール ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)エデト酸二ナトリウム フェノキシエタノール 精製水

 

容量:35g

 

単体購入価格:7000円

 

定期購入価格:4970円(初回クレジットカード利用時4470円)

 

返金保障:あり 60日間

 

定期購入最低継続回数:2回

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

イビサクリーム,ホワイトラグジュアリー

 

主成分:生ビタミンC(アスコルビル酸Na)・水溶性ビタミンC(リン酸アスコルビルMg)・油溶性ビタミンC(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)・グリチルリチン酸2K

 

保湿成分:ビタミンEなど

 

全成分:グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、ビタミンC・Na、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、アルブチン、天然ビタミンE、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、桑エキス、人参エキス、オウバクエキス、水添大豆リン脂質、フィトステロール、エチルヘキサン酸セチル、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、ベヘニルアルコール、濃グリセリン、キサンタンガム、1,2−ペンタンジオール、BG、ポリリン酸Na、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、精製水

 

容:25g

 

単体購入価格:9980円

 

定期購入価格:5980円

 

返金保障:なし

 

定期購入最低継続回数:3回

 

イビサクリームとホワイトラグジュアリーどっちを選ぶ!?

 

こう比べてみると両者の違いは一目瞭然??

 

そう、その主成分ですね。

 

イビサクリームはトラネキサム酸で美白をホワイトラグジュアリーはビタミンC誘導体で美白を目指そうというものです。

 

どちらも最終的な目的はもちろん美白なんですが、黒ずみを元から絶つという意味ではトラネキサム酸に分があるように思います。

 

最近の美白系クリームの多くがトラネキサム酸を使用していることからもこれは明らかだと思います。

 

 

そしてイビサクリームの大きなアドバンテージといもいえるのがその金額と容量ですね。

 

定期購入でイビサクリームの方がホワイトラグジュアリーよりも1000円ほど安いのは大きいですね。

 

さらにその容量もイビサクリームの方が10gほど多いです。

 

この差を考えるだけでも価格差以上の違いがあると言えるんじゃなでしょうか?

 

 

 

ということで勝敗は…

 

言わなくてもわかりますね。

 

 

 

 

イビサクリームの詳細・体験談はこちら