イビサクリーム 顔のシミ

イビサクリームって顔のシミにも効果があるって聞いたけど…

 

デリケートゾーンの美白に圧倒的人気のイビサクリーム。
そんなイビサクリームが顔のシミにも効果があるって知っていましたか?
実際に、最初はデリケートゾーンの黒ずみを改善するために使い始めたイビサクリームを、今では顔のシミの改善に使っているという人も多いようです。
その理由は、イビサクリームの配合成分とコスパの良さかもしれません!!

 

どうしてイビサクリームで顔のシミの改善ができるの?

 

イビサクリームで使われている美白の主成分はトラネキサム酸です。
このトラネキサム酸といえば、美白で有名な「資生堂のHAKU」に使われています。
HAKUって価格は高いけど、これでシミが改善できたっていう人意外と多いでしょ!
そのHAKUと同成分がイビサクリームに入っているんだから、イビサクリームは顔のシミにも効果があると言うわけなんです。

 

トラネキサム酸は肝斑に効果があります

このイビサクリームに主成分として使われているトラネキサム酸は、医療用として肝斑の対策にも使われていたもの。
それが薬用成分として買われるようになり一躍有名になったのが先程のHAKUです。
顔のシミというのは、細かく分けると色々その原因と種類はあるのですが、その多くがメラニンの色素沈着によるものです。
このメラニンを効果的に撃退してくれ、メラニンの発生を抑えてくれるトラネキサム酸なら顔のシミもきれいになるということですね。
このHAKUと基本的に同成分のイビサクリームが、顔のシミにも効果があるというのはうなずける話ですよね。

 

イビサクリームの方がお得?


ただしイビサクリームがHAKUと違うのはここから。
イビサクリームはもともとデリケートゾーン専用として開発されていますから、お肌の敏感な部分にも使えるような仕様になっています。
一方のHAKUは顔のシミ取りですから、これをデリケートゾーンに使うのはどういった副作用が起きるかわかりません。
もちろんお肌に影響のないような成分配合がなされているのですが、デリケートゾーンや乳首にも対応しているのかというと?です。
実際にHAKUでデリケートゾーンの美白する人がいるのかどうかはわかりませんが…

 

ですから、デリケートゾーンや乳首の美白をメインに考え、その上で顔のシミにも使いたいと言うのであれば、イビサクリームを選んだ方が良いのではないでしょうか?
価格的に見てもHAKUの半分ですからとってもお得ですよね。
ちなみにHAKUは1本で10,000円ほど、イビサクリームは4470円からですからイビサクリームがどれほどコスパがいいかわかりますよね。
イビサクリームは 1本で35g入っていますから、意外と大胆にいろいろと使えちゃって便利ですよ!!
デリケートゾーンの美HAKUをしながらちょっとした顔のシミにも使ってみるといいかもしれませんね。

 

↓↓イビサクリームの購入はこちらから↓↓

イビサクリームの詳細・体験談はこちら